焼き豚

ZED氏から「時間のかかる料理はしないのですか?焼き豚とか」って言われたので、
よーし時間もあるし、作っちゃうぞー。
ということでやってみた。

今回買ってきたのは豚モモロース。
買ってきたままの豚肉ブロックは、ちょっと平べったいので、タコ糸で形を作る。
一般的に、タコ糸で縛る理由は、まあ、煮崩れ防止もあるけど、要は形を作りたいだけだと思う。たぶん。

CA390492 →しばる→ CA390493

次に、下味をつける。
しょうがのチューブ、にんにくのチューブをそれぞれ5cmづつくらい、
青ネギを半本くらい、しょうゆを小5くらい、酒を少々。あと、甜麺醤を小1入れてみた。

CA390495

全体に均一になるように、今回はビニール袋に入れた。
皿じゃ全体にまんべんなくまじらないからね。
袋に入れるにしても、すっぽり入らない袋を使うと、肉がゆがんじゃうので注意。
このまま30分~1時間待つ。

時間がたって、下準備ができたら、
まず袋から肉だけをフライパンに出して、表面全体に焼きを入れる。
表面を焼くことで、肉のうまみを閉じ込めることができるらしい。

CA390496

だいたい焼けてきたら、下味に使ったたれを投入する。
さらに、酒100cc、酢50cc、くらいを追加投入。
CA390497

このまま、ふたをして、しばらく焼くというか煮込むというか、まあ待つ。
ときどきふたをあけて、ころがしてやる。
30分以上は、ときどき見てころがすような感じ。

CA390498

水分がなくなってきて、あわ立ち始めてきたら、
頻繁に肉をころがして、たれをからめていく。
今回の煮込み時間は約40分弱。

このあたりで、竹串をさしてみて、肉汁が赤くなければ火を止め、タコ糸を切っておく。
その後、粗熱が取れる程度までしばらく放置して、さます。
これで完成。

CA390500

うわあ、これはウマい。

作ってみた感想としては、ああ、時間かかるなあ。ってことと、
なんだ、意外と作れるもんじゃん。ってことかな?

最後フライパンに残ったペースト状の残骸(?)をつけながら食べると、かなりおいしいおつまみに。
おかげで今日はビールが進むよ・・・

コメント

  1. Drewin より:

    作業工程付きはいいなあ。
    この手のものは、出来上がりだけ見ると、かけた手間が見えないよね(笑)

  2. kazami より:

    たしかに完成品だけ見ると、出来上がりが不恰好なことくらいしか、買ってきた製品とあまり区別がないですしね。
    でも、なんで途中経過を撮ろうと思ったかというと、実はいつもの調理中も撮りたいのですが、やり始めたら手を離せなくて、すぐできちゃうものが多いからなんですよ。(もしくは普通すぎてつまらないから…)

    時間はかかるけど、それほど手間がかからないってのもわかると思うので、これ見てやってみようと思う人がいれば、参考になるといいな。