小銭貯金一覧

小銭再び

ついに、「取り出すときは破片にご注意ください」の貯金箱を開封した。

CA391359

全部500円玉なら10万円たまるというサイズのもので、
100円玉と500円玉がごっちゃに入ってたけど、だいたい7万程度だった。

CA391358

あと、ガムのボトル(貝ひもやスルメのボトル)にためていたもので、
100円玉1ボトル、10円玉2ボトル、5円玉1ボトル、
さらに500ccのペットボトルにためた1円玉をもって、
UFJの窓口に行ってみた。

経験上、1ボトルおよそ200~250枚入るので、
おそらく、持って行ったのは、重量が7~8キロあったと思う。

しかし「入金額を記入していただくので、数えていない場合受付できません」
という感じ。
途中で力尽きたため、事前に数えてあったのは500円玉と100円玉だけ。
しかたなく、それだけを入金して、約9万円。

まあ、数えてから持っていけば、パチンコ屋の玉のごとく、
ザーッと流し込んで計算してくれるので楽だというのはわかった。


小銭貯金

貯金箱の中身を、一部銀行口座に入れておこうと思って、
人生銀行をあけてもよかったけど、とりあえずもっと簡単なところで、
手近なガムボトル(のようなもの)を1本あけてみた。

CA391223

けっこう入ってたけど、UFJのATMでは1回に100枚までしか使えないので、
そのうちの100枚を持っていくことにした。

実際に行ってみると、15時半ごろなので、ATMコーナーの客はまばら、
多少時間とっても余裕だなあという感じ。

「お預入れ」「硬貨のみ」を選択してみると、
なんとジュースの自販機のような投入口で、いっぺんに入れられない。

15秒ほどたつと、「硬貨を投入し、ボタンを押してください」という、
つまり「はやくしろ」というような意味のメッセージが出て、
さらに15秒後には、「最初からやり直してください」といって、キャンセル。
しかも「お忘れ物があります。硬貨を取り出してください」って・・・

というのを、2回ほどやった。無理。

あああああああああああああなんだこのうざいの。
100枚までどころか、そんなに入らんやん・・・

あきらめて、30~40枚くらいづつ入れることに。
それでもメッセージ出て焦らされた。

けっこうな苦労があるので、客のいない時間帯にしかできないようだ。